大田区蒲田の解放廊下長尺シート下地調整

埼玉県さいたま市を拠点とし関東エリア一円でビル、マンションの大規模修繕工事、改修工事を手掛けております株式会社エイチビーケイです。

今日は長尺シートの下地調整です。

先日のブログでご紹介したシート撤去後の下地調整

シートを撤去し、接着剤の取り残しや細かい凸凹等をケレンし平滑にしシートの仕上がりをイメージしながら補修用のカチオン樹脂モルタルをコテ塗りし丁寧に調整していきます。

廊下の調整補修は居住者さまやご来客の方の通路を確保するために半分づつの施工となります。

施行中は通路の幅が半分程度になってしまいますが通る皆様にご協力いただき足元に注意してご通行していただいています。

左側の白っぽい部分が補修し乾いた部分、右側の色の濃い部分が補修したての部分。

この後巾木、側溝にウレタン防水をかけて長尺シートを張っていきますがシートを張り込む以上に下地作りが仕上がりの良し悪しに影響してくるので地味ですがとても重要な作業となります。

株式会社エイチビーケイでは大小様々な現場において下地補修工事、防水工事、塗装工事、シーリング工事、長尺シート工事などを丁寧で正確な施工を心がけ作業しております。

検索用:防水工事、塗装工事、シーリング工事、タイル工事、下地補修工事、屋根工事、アスファルトシングル工事、長尺シート工事、改修工事、修繕工事


一覧ページに戻る