春日部市で手摺根元グラウト注入

埼玉県さいたま市を拠点に主にビル、マンションの大規模修繕工事、改修工事を手掛けております株式会社エイチビーケイです。

本日は草加市現場でのアルミ手摺根元のグラウト注入です。

上の写真のように手摺の根元に溜まった水が壁のクラックを通じて塗膜表面に膨れとして症状が出ました。

アルミの手摺の内部は空洞になっていますので繋ぎ目等から差した水が溜まりやすくなっています。

その水が塗膜の膨れを誘発したり内部の鉄製の支持金物等にサビを発生させます。

この柱にドリルで注入孔をあけてエポキシ樹脂と骨材を混ぜたグラウト材を注入していきます。

しっかりはみ出るまで注入して

廻りを綺麗に拭き取って中にしっかり材料が充填されたことを確認して完了です。

今まで支柱内に入り込み溜まっていた水が材料が充填されたことにより今後は孔から外に抜けて内部のサビ等の劣化を無くし新たな塗膜の膨れを防止します。

防水工事、塗装工事、シーリング工事、下地補修工事以外に、この様な特殊な事例にも株式会社エイチビーケイは対応いたします。

検索用:防水工事、塗装工事、シーリング工事、タイル工事、下地補修工事、屋根工事、アスファルトシングル工事、長尺シート工事、改修工事、修繕工事


一覧ページに戻る